横浜自転車買取ショップ「CHAMBERS」

【2016年05月】のアーカイブ

BMC(ビーエムシー)の自転車の高価買取実施中です。

CHAMBERSでは、BMC(ビーエムシー)の自転車の高価買取を実施しています。
今回はBMC(ビーエムシー)について皆様にご案内させて頂きます!
 

bmc0.PNG

人気自転車漫画の主人公が乗っていたということもあり、急激に注目度が上がってきたのが、BMC(ビーエムシー)です。設立は1994年。まだまだ歴史としては浅いものの、往年の名門ブランドRALEIGH(ラレー)の卸売販売としてスタートした背景からもわかるように、オン・オフ問わずレース色が非常に強いブランドとして知られています。昨今、大量生産の実現と利益確保のため、多くのビッグブランドが生産のみならず設計までをも、低コストな諸外国に外注する中、かたくなに自社設計と生産にこだわっていることもBMC(ビーエムシー)の特長です。その根底にあるのは「とにかくいい自転車を作るためには、技術も人も惜しまない」という思想。他社には見られない独創的なテクノロジーとアイデアで、どのような自転車を創り出すのか、常に注目されているメーカーのひとつです。
 

まとめ

CHAMBERSでは、各国の有名ブランド・名門ブランドの自転車やパーツなどを高価買取しております。また、自転車、パーツに限らず、査定依頼を出す前に、走行テストなどをして、気になるところがないかをチェックしておきましょう。部品の欠品、動作不良などがあると減額対象となってしまいますのでご注意ください。また、汚れ等が目立たないよう、きれいに掃除などもしておきましょう。

MERIDA(メリダ)の自転車の高価買取実施中です。

CHAMBERSでは、MERIDA(メリダ)の自転車の高価買取を実施しています。
今回はMERIDA(メリダ)について皆様にご案内させて頂きます!

merida0.PNG

MERIDA(メリダ)は1972年にアイク・ツェン氏によって設立、自社の名前を冠したMERIDA(メリダ)ブランドのマシンがはじめて世の中に登場したのは1988 年の事でした。GIANTに次ぐ世界2位の生産量を誇る台湾の自転車メーカーであるMERIDA(メリダ)はSPECIALIZED(スペシャライズド)やPINARELLO(ピナレロ)などのアメリカ自転車メーカーからのOEMで培った技術を自社モデルに惜しみなく投じながら優れたマシンを作り上げています。現在、設計やデザインはドイツにて、生産は台湾をはじめとしたアジアの拠点で行うなど、グローバルな展開もMERIDA(メリダ)の得意とするところ。業界に先駆けてロボット溶接をいち早く取り入れており、溶接部の美しさにおいても定評があります。


merida1.PNG

SCULTURA 9000
技術の粋を集めた超軽量SCULTURA CF5フレームとSCULTURA Superliteフォークを組み合わせ、量産世界最軽量級のフレームセット重量985gを実現したオールラウンダーは、ヒルクライムでの圧倒的なアドバンテージを得ることができます。

merida2.PNG


REACTO TEAM-E
1台だけでもスリップストリームに入っているかのような空力性能を持つのが、REACTO TEAM-Eです。その空力性能がライダーのポテンシャルを最大限に引出し、ヒルクライムステージであってもタイムの短縮を可能にしています。

まとめ

CHAMBERSでは、各国の有名ブランド・名門ブランドの自転車やパーツなどを高価買取しております。また、自転車、パーツに限らず、査定依頼を出す前に、走行テストなどをして、気になるところがないかをチェックしておきましょう。部品の欠品、動作不良などがあると減額対象となってしまいますのでご注意ください。また、汚れ等が目立たないよう、きれいに掃除などもしておきましょう。

FUJI(フジ)の自転車の高価買取実施中です。

CHAMBERSでは、FUJI(フジ)の自転車の高価買取を実施しています。
今回はFUJI(フジ)について皆様にご案内させて頂きます!
 

fuji0.PNG
 

誰からも親しまれるオーセンティックなデザイン、乗りやすさとメンテナンスのしやすさを両立した自転車を積極的にリリースするFUJI(フジ)。現在はアメリカ、ドイツ、台湾、南アフリカを拠点としていますが、もともとは日本で産声を上げたブランドでした。創始者は岡崎久次郎という人で、電灯類などの輸入販売を主としながらも1906年からイギリスのラーヂブランドの自転車の輸入販売をスタートさせます。そして1928年に商標をラーヂから富士(当時のブランド名)に改め、FUJI(フジ)の歴史がはじまります。1930年には高級実用車「覇王号」を発売。希代の名車とも評された「覇王号」は、日本のみならずアジア諸国でも大変な人気を博すことに。FUJI(フジ)は、日本の自転車の歴史をつくってきた重要な存在といっても過言ではないでしょう。戦後はレースバイクの開発への取り組みを開始、1970年台から本格的に海外に進出します。21世紀に入り海外資本となったFUJI(フジ)は今まで以上にレースバイクの開発に力を注ぎ、現在に至っています。

SL 1.1.PNG


SL 1.1
圧倒的な軽さだけでなく、高剛性かつ振動吸収性に優れたその特性は、あらゆる環境下の道を軽々と走破します。ハイエンドモデルとなる1.1はC15ウルトラハイモジュラスカーボンを採用しており、未塗装時のフレームとフォークの合計重量は1kgを下回ります。

TREAD F.PNG
 

TREAD F
街中の舗装路から悪路までを難なくこなす高い走破性が魅力の一台。シマノSORAにカーボンフォークとワイドタイヤ、ディスクブレーキを搭載。行動範囲が広いライダーに最適なスペックを備えています。



まとめ

CHAMBERSでは、各国の有名ブランド・名門ブランドの自転車やパーツなどを高価買取しております。また、自転車、パーツに限らず、査定依頼を出す前に、走行テストなどをして、気になるところがないかをチェックしておきましょう。部品の欠品、動作不良などがあると減額対象となってしまいますのでご注意ください。また、汚れ等が目立たないよう、きれいに掃除などもしておきましょう。

最近の投稿
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ