横浜自転車買取ショップ「CHAMBERS」

【2015年11月】のアーカイブ

『オシリが痛い』を解消する

友達や恋人に誘われて自転車を始める人も多いそうですね。共通の趣味を持つことは素晴らしい!二人でツーリングとか最高じゃないですか!パートナーが選んでくれたピカピカの自転車とウェアもなかなかサマになってきた頃にチャレンジするのが長距離ランというお二人も少ないないはず。でも、何十キロかを走ったころ、あれ?と違和感が。そう『オシリが痛い・・・』という誰もがぶつかる痛みの洗礼。本日はあなた、もしくはあなたのパートナーの『オシリ』に役立つお話を少々。

 

いわゆるママチャリは、体重が全部サドルにかかるため、オシリが痛くなりやすいとされています。一方、スポーツサイクルは、ハンドルとサドルに体重が分散されるため、痛みは軽減するものの長距離を走ると結局痛くなってしまいます。

 

『痛い』の原因を探ってみよう

 

・路面からの振動

・衣類とサドルがこすれ合う摩擦によるもの

・圧迫

・サドルが固い

・座るポジションが悪い

 

・・・などなど。オシリの痛みにはなんらかの原因があります。どれかひとつを解消することで、不思議と痛みが緩和されることもあるので、パーツを変えてみるといった方法をとるのもいいでしょう。比較的簡単に交換できるのはシートポスト、サドルといったもの。いろいろなタイプがお店に並んでいるので、いくつか試してみることをお勧めします。

 

sadoru3.jpg

最後に無料でできる痛みの解消方法を伝授します。走行中に一瞬でいいので立ち漕ぎをしてみましょう。これだけで血流が良くなり、圧迫からオシリを開放することができますよ!今後もオシリの痛み解消については、役立つ記事をお届けしてまいります。お楽しみに。
sadoru2.jpg

 

まとめ

CHAMBERSでは様々な自転車の高価買取を致しております。
また、不要になった自転車のパーツなども受け付けております。
もう使わなくなったサドル・ペダルなど、細かなものも、どうぞお気軽に!

HUMMER(ハマー)の自転車の高価買取実施中です!

CHAMBERSでは、HUMMER(ハマー)の自転車の高価買取を実施しています。
今回はHUMMER(ハマー)について皆様にご案内させて頂きます!

無骨でクール!
HUMMER(ハマー)とは


肩幅の広いボディに重厚な後姿、ちょっとした威圧感が持ち味のやんちゃ系SUV 。HUMMER(ハマー)といえば、あの車をまずイメージしますよね。しかし、あのスタイルには、ちゃんと意味と目的があるんです!そのルーツをさかのぼっていくと、元々は「軍用車」として開発されたとのこと。砂塵に足をとられやすい砂漠、ぬかるみや流木のある川岸を、グイグイと力強く進んでいくために、あの大柄かつ強靭なスタイルになったそうです。

ハマー1ハマー2
 

 

「かっこいい」の遺伝子を継承

~HUMMER(ハマー)のラインナップ~

 

悪路をクールに走り抜ける究極の4WD。

そのコンセプトを受け継いだのが自転車のHUMMER(ハマー)です。

街でも目をひくイエローカラーはバツグンのインパクト。太く記されたロゴマークもかっこいいですよね。車種でいうと、様々なコンディションの道を走り、長距離走行にも適したマウンテンバイクに入りますので、通勤・通学、休日のサイクリングにぴったりといえるでしょう。

ちなみにお子様用の自転車もラインナップしています。家族みんなでHUMMER(ハマー)に乗って、クール&ワイルドに攻めてみてはいかがでしょうか!

ハマー3ハマー4
 

 

まとめ

最後にHUMMER(ハマー)の自転車の買取の注意点を。鮮やかなイエローのボディですが、少しの汚れやキズでも目立ってしまう弱点もあります。査定時のマイナスにならないように、普段からできるだけキレイに乗っていただくことをオススメします。

冬の季節のサビ対策をお忘れなく

紅葉のシーズンですね。街を走っていても気持ち良い季節、

少し遠出するのにも最高の時期です!

そんな秋が終わると、自転車に乗るにはちょっと辛い冬が到来。

さて、そんな冬ですが、自転車ライダーだけなく、

自転車にとっても厳しいシーズンだってこと知ってましたか?

 

 

なんで冬にサビが?

実は冬は梅雨時と同じくらい「サビ」が出やすいシーズンのひとつなんです。

「湿度」が高い梅雨はわかるけど、なんで乾燥がちな冬に?とお思いの方も多いのでは。

その答えは、冬ならではの思いがけない自然現象にありました。

 

 

冬のサビの犯人は「結露」

意外なことに、チェーンについた水滴が知らず知らずのうちにサビを招いてしまうのです。

実際に、戸外や玄関口においている自転車と、室内の駐輪場に置いた自転車とでは、

サビの発生頻度にそれなりの違いがあるそう。

冬の朝、窓がビシャビシャになっていることってありますよね。

あれと同じようなことが、水が苦手な部品に起きてるとすれば、サビができるのも納得です。

 

大切な愛車をサビから守るには

水滴や汚れは、こまめに拭くのが基本。もしサビたら、すぐに対処を。

 

自転車のちょっとしたサビにオススメ。

サビピカ.jpg

サビピカ(オプティマルライフ)

 

気になる場所にサッと吹きかけて、放置後にパッと拭き取るだけでOK(放置するのは20分くらい)

有機イオウ化合物を使用しているため、体に害がないのもうれしいポイントです。

アルミ、ステンレス、金属のサビ落としに幅広く対応、自転車以外にも使えるので一本あるといいかも。

 

まとめ

CHAMBERSでは様々な自転車の高価買取を致しております。

サビはどんな状況で保管されていたかを評価するバロメーターでもあります。

自転車を綺麗に維持するためにも、

ちょっとしたサビでも、ほったらかしにせずしっかり対策していきましょう。

平成27年TOKYO交通安全キャンペーンが始まります

平成27年12月1日(火)から12月7日まで東京都では「平成27年TOKYO交通安全キャンペーン」が実施されます。年末は交通死亡事故が多発する時期ということで、この時期に毎年実施されるキャンペーンです。
街中にポスターが掲示されたり、新橋駅前SL広場でイベントが開催されるなど様々なイベントが行われるようです。

なぜ年末に交通事故が増えるのか
・日が短くなり、暗くなるのが早い
・交通量が増える
・慣れない道を走るドライバーの増加

上記3つが年末に事故が増える主な理由です。

日が短くなり始めるのは10月くらいからですが、師走の忙しさ対応で交通量が増えるということと相まって事故が起きやすくなっているようです。
3つ目の慣れない道を走るドライバーの増加に関してですが、7月や8月にも観光や帰省でのラッシュはありますが、夏に比べ、12月の方が交通量が増え、慣れない道を走るドライバーが増えるといわれています。
 

交通事故を防ぐために
年末だけでなく常日頃から交通事故には注意したいですよね。
交通事故を防ぐために、スポーツタイプの自転車だけでなく、一般的な自転車でもヘルメットを着用し、安全確認を確認の徹底を心がけましょう。



まとめ
CHAMBERSでは様々な自転車の高価買取を致しております。
事故にあってしまうと自転車に傷が付いたり破損したりしてしまいますね。傷の付いた自転車は査定ポイントが下がってしまいます。
自転車を綺麗さを維持するためにも、安全運転に心がけていきましょう。



 

自転車のメンテナンスについて

CHAMBERSでは様々な自転車の高価買取を行っております。
このブログでも毎回と言っていいほど、「メンテナンスを」「メンテナンスを」とお伝えしております。
なぜメンテナンスが必要か。
メンテナンスを怠ると走行に悪影響を与え、その自転車の性能をフルに活用することができなくなってしまします。
その状態で買取に出された場合、買取価格に大きく影響してまいりますので、メンテナンスをお願いしております。
業者にお願いするとなると時間もお金もかかりますので、ご自分でできる範囲でこまめにメンテナンスを行うことが自転車に快適に乗れる秘訣と言えるでしょう、また、高価買取の秘訣とも言えます。
ということで、今日は自転車のメンテナンス方法についてお話したいと思います。

空気を入れる
自転車のトラブルで一番多いのが「パンク」です。パンクの原因は様々ですが、段差などでタイヤに強い衝撃がかかった際にタイヤの中のチューブに穴が開いてしまうことが多いです。空気があまり入っていないタイヤの場合この症状が起こりやすくなります。タイヤに空気が入っていない状態ですと、パンクしやすいだけでなく、タイヤが重くなり、快適に走ることができません。ですので、空気はマメにいれましょう。


拭き掃除をする
時間がないときは拭き掃除をするだけでも綺麗になります。雨の後や風の強い日などは自転車が汚れやすいのでこまめに拭いてあげましょう。


チェーンに注油をする
チェーンは自転車を動かすのに最も大事なパーツです。汚れたまま放置しますと、異音がしたりペダルが重くなって漕ぎにくくなってしまいます。一見してチェーンが乾いて見えたら注油のサインですので、注油しましょう。
注油の仕方は、まず余分な汚れを落とし、オイルがたれない様、ウェス(ショップタオル)などを添えながらチェーンの一つ一つに注油をしていきます。しばらく置いてチェーンにオイルを馴染ませてから、余分なオイルをふき取って下さい。余分なオイルが残っているとほこりや汚れが付着する原因となりますので、注意してください。


便利グッズ
最後に自転車のメンテナンスを行う際、持っていると便利な便利グッズをご紹介します。

・自転車用ウェットティッシュ
洗剤がついているので、簡単綺麗に自転車の掃除ができます。


・ウェス(ショップタオル)
拭き掃除だけでなく注油の際、オイルがたれない様にしたり余分なオイルをふき取る際に便利です。厚手のペーパータオルで、破れにくく丈夫ですが、自転車を傷つけずにお掃除することができます。



・ビニール手袋
注油の際やチェーンのお手入れの際、オイルまみれになりますので、ビニール手袋があると手が汚れずに済みます。自転車の掃除だけでなくおうちの掃除にも使えますので、一家に一箱あってもいいかもしれないですね。



まとめ
いかがだったでしょうか?マメにメンテナンスを行うことで安全に自転車に乗れますし、新品な状態を保てますので、是非こまめなメンテナンスをお願い致します。
その上で、買い替えなどでご不要になられた自転車がございましたらJETまでご連絡下さい。高価買取致します!!
ご連絡お待ちしております!!


 

最近の投稿
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ