横浜自転車買取ショップ「CHAMBERS」

【2015年08月】のアーカイブ

Cannondaleの自転車の高価買取を実施中!

CHAMBERSでは、Cannondaleの自転車の高価買取を実施しています。今回はそんなCannondaleについて皆様にご案内させて頂きます!

 

Cannondateとは

1.jpg

Cannondaleは1971年に創業された、アメリカ発の自転車メーカーです。アルミ自転車の中でも高品質・高性能を強みとするメーカーであり、世界中で利用・愛されている自転車メーカーです。最近は台湾や中国などで製造することで製造コストを下げるメーカーも多いですが、Cannondaleはアメリカで製造も行われています。日本国内においても非常に有名で人気のある自転車メーカーです。

 

 

Cannondateの自転車のラインナップ

2.jpg

Cannondaleの自転車には多くのラインナップがあります。SuperSixEVO、Cynapse Carbon、Slice、CAADX、ADVENTURE、BadBoyなど、代表的なものを掲載するだけでも非常に多いラインナップがあります!ロードバイクから初心者でもそれなりに乗りやすいバイクなど、用途・目的も様々なので、それがゆえに日本などでも人気があるのではないでしょうか!

 

 

Cannondaleの自転車の買取の注意点

3.jpg

Cannondaleの自転車の買取についての注意点です。フレームなどの錆、汚れが目立ってしまい、それが取れないとなると買取における減点対象となってしまいますので、念入りな掃除を行って頂ければと思います。また、Cannondaleは元々人気のある有名自転車メーカーなのでそれだけでも高価買取が期待できますが、Cannondaleの中でも人気モデルなどは存在しますので、その時々の需要を見極めつつ、買取査定に出して頂くとよいでしょう。

 

 

まとめ

CHAMBERSでは、Cannondaleの自転車の高価買取を実施しています。買い替えや使用しない等、何かしらの理由でご不要になられたものがありましたら、ぜひ一度ご連絡ください!高価買取致します!

 

自転車入荷しました!

自転車入荷しました~!

 

 

P8250002.JPG

 

店内の奥にあります!

 

ご来店お待ちしております!

 

YAMAHAの電動自転車の高価買取実施中!

CHAMBERSでは、YAMAHAの電動自転車の高価買取を実施中です、今回はそんなYAMAHAの電動自転車に関するご案内になります!

 

 

YAMAHAの電動自転車について

1.jpg

その昔、印象深いメロディのCMで話題になったのがYAMAHAの電動自転車。今でもそのメロディを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。電動自転車は通常の自転車と違い、基本的には楽して漕げる、というのが違いとしてあります。なので、お子様をお持ちの主婦の方などに特に人気がある自転車です。通常のママチャリなどでお子様をカゴに乗せながら自転車をこぐのは結構大変ですものね…そう考えると、主婦層に人気となる理由もわかる気がします。

 

 

YAMAHAの電動自転車の価格感

2.jpg

YAMAHAの電動自転車の価格ですが、だいたい10万円弱〜15万円くらいのものが中心になっているようです。これはあくまで新品で買う場合の値段になります。買取価格については、商品状態や年式など、様々な要素が絡んだ上で、最終的に査定価格を決めさせていただきますので、気になる点があればご遠慮なくご相談ください!自転車はきれいにしておきますと、買取価格も良好になることが多いですよ!

 

YAMAHA以外の電動自転車ももちろん買取実施中!

3.jpg

今回は電動自転車の代表例としてYAMAHAを取り上げさせていただきましたが、もちろんその他のメーカーの電動自転車についても高価買取を実施しています!Panasonic、ブリヂストンなど、取り扱いをしているメーカーは様々なですので、売却を検討されている電動自転車がありましたら、ぜひ一度ご連絡ください!査定は無料で実施していますので、どうぞお気軽にご相談ください!

 

定番商品!GIANTの自転車の高価買取の実施!

CHAMBERSでは、GIANTの自転車の高価買取を実施しています。そんなGIANTについて皆様に本日はご案内させて頂ければと思います。

 

 

GIANTとは

1.jpg

GIANTは、クロスバイクにおいて、定番中の定番商品と言われています。クロスバイクの入門といえばGIANT、という位置づけが確立されているといっても過言ではありません。価格としても他のクロスバイクよりお求めやすいものになっていることも、定番商品として人気が根強い理由になっていると思います。

ちなみにGIANT社自体は台湾のメーカーになります。1972年に創立された、比較的若いメーカーになります。

 

 

GIANTの自転車の買取の注意点

2.jpg

人気がある、定番があるのは上述した通りですが、元々の価格がお安いもの、入門中の入門シリーズだと、商品状態に何らかの問題がある場合、著しく査定に影響をしてしまいかねません。きちんと動くか、何か欠品や破損はないかなど、念入りに調べたうえで、査定に出される前にきちんと掃除を実施しておくことが大事です。

 

 

世界のGIANTへ

3.jpg

台湾・日本にとどまらず、中国、アメリカ、オーストラリアなど、GIANTの支社や販売会社は世界中に広がっています。また、東日本大震災が発生した際には、被災地に無料で自転車を提供してくれるなど、国外に目を向けた奉仕活動にも余念がありません。今後GIANTは世界的な人気をますます博していくだろうと予想されています。

そんなGIANTの自転車、ご不要になった、乗り換えのため不要など、お売りになりたいものがありましたら、ぜひCHAMBERSにご相談ください!

CORRATECの自転車の高価買取を実施しています!

CHAMBERSでは、CORRATECの自転車の高価買取を実施しています。今回はそんなCORRATECの自転車について皆様に御紹介させて頂ければと思います。

 

 

CORRATECとは

1.jpg

CORRATECは、ドイツ生まれ。実は創業が1990年と非常に最近で、まだまだこれからのメーカーと言えるのかもしれません。しかしながら、「DIAMANT SLICK」や「SUPER BOW」などのパーツや製品のラインナップを皮切りに世界中でその力が認められるようになりました。最近では、多くの自転車レース・公式レースなどにおいて、CORRATECの自転車が使用されることも多くなっており、数多くの勝利や入賞に多大なる貢献をしています。

 

 

CORRATECの自転車について

2.jpg

CORRATECの自転車ですが、先ほど御紹介をさせて頂いたような「DIAMANT SLICK」や「SUPER BOW」などについては、40万〜50万円は当たり前(中にはもっと高価なものも!)という人気メーカーです。しかしながら、それ以外のシリーズについては安価なもので10万円台というクロスバイクと変わりないくらいの値段のものもあったりしますので、実は自転車入門として取っ掛かりやすい自転車メーカーとも言えるのではないでしょうか。

 

 

CORRATECの自転車の買取の注意点

3.jpg

CORRATECの自転車は、先述した「DIAMANT SLICK」という世界初のセミスリックタイヤが非常に評価され、メーカー自体の飛躍のきっかけとなりました。従いまして、タイヤの状態や消耗度というのは他のメーカー以上に買取価格に大きく影響してきます。あまりに走行距離が長いがために消耗が激しいなど、査定依頼・買取依頼を出す上で何かご不安な点があれば、ぜひ一度ご相談ください!

 

 

まとめ

 

CHAMBERSでは、CORRATECの自転車の高価買取を実施しています。買い替えや使用しない等、何かしらの理由でご不要になられたものがありましたら、ぜひ一度ご連絡ください!査定は無料で実施しておりますので、どうぞお気軽に!

最近の投稿
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ